Good-bye My Car

廃車にする前に査定を受ける

Good-bye My Car 自動車を廃車にするという場合には、解体業者やディーラーなどに車両を持ち込んで、そこで手数料を支払って処理してもらうというのが一般的といえます。
しかし、場合によっては中古車専門の買取業者に持ち込んだほうが、経済的に有利になる場合もあるのです。
中古車専門の買取業者の場合、廃車とはいっても、解体してから使えるパーツをよりわけてリサイクルパーツとして販売したり、あるいは車体そのものも海外の途上国などに一定の価格で輸出するような販路をもっていたりしますので、査定によってそうした価値が理解されれば、比較的良心的な価格で買い取ってもらえることがあるのです。
少なくとも、ディーラーでよくありがちなゼロ査定ということはありませんので、手数料をわざわざ支払うよりはましといえるでしょう。
近場に店舗がないという場合でも、インターネットを通じて見積に応じているような、全国展開の業者もありますので、こうしたものを利用するという手もあります。

外車の廃車時に得するコツ

古くなった自動車の廃車手続きは永久抹消登録と一時抹消登録の2種類がありますが、二度と使用しない場合は永久抹消登録で、一般的に廃車と呼ばれています。
永久抹消登録をするためには車体を解体する必要がありますが、廃車を専門に扱う解体業者に処分を委託すれば解体処理に加えて登録の抹消手続きも代行してもらえます。
古い自動車は廃棄物であっても鉄の他に多くの希少金属が使用されていて、まだ使用できる部品があれば取り外して再利用されたりするので一定の価値があります。
このため廃棄する自動車の解体と登録抹消を業者に依頼する場合には買い取りということになり、国産車でも外車でも手続き上は全く同じです。
但し外車が国産車と異なる点は台数が少ないことで、まだ使用可能な部品をいかに多く取り出して中古品として再利用できるかという判断には輸入車に関する中古市場の知識が必要となります。
このため、国産車を中心に取り扱う業者よりも外車の知識が豊富な業者に処分を依頼する方が高額で買い取ってもらえる可能性が高いのです。
外車を廃車処分する際には複数の解体業者に見積もりを依頼して、より高額で買い取ってもらう業者を探すようにしましょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>